HOME,ホームEVENT-INFO,イベント情報STORE,CD・DVD・チケットの販売SERVICE,サービスDIGET VIDEO,ダイジェスト映像COMPANY PROFILE,会社案内LINKS,リンクCONTACT,お問い合わせ
  • 開催日時
  • 2021年06月17日(木)  13:30【開演】13:00(開場)
                18:30【開演】18:00(開場)
    2021年06月18日(金)  13:30【開演】13:00(開場)
                18:30【開演】18:00(開場)
  • 会  場
  • 千種文化小劇場(ちくさ座)
    名古屋市千種区千種三丁目6番10号
  • チケット料金
  • 全席指定 前売8,500円(税込)/ 当日9,000円(税込)
    本公演は役替わり公演となっています。
    各回出演の配役は事前にご確認の上、お求めください。

    ★1・3回目の公演は、終演後にアフタートークがあります。詳細は追って本ページでご案内します。
    ※未就学児童の入場はご遠慮ください。
    ※前売りの時点でチケットが売り切れてしまう場合、当日券の販売はありませんのでご注意ください。
[原作・作詞] あおい英斗
[脚本・演出] 吉田知明
[作曲・音楽監督] 中村匡宏

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
【ご来場のお客様へ】
~新型コロナウイルス感染拡大防止へご協力をお願いいたします。~

出演者・関係者の面会や出待ちを含め、贈り物や差し入れ、お花(スタンド花を含む)のお預かりは辞退させていただきます。当日お持ち頂いてもお受取り出来ませんので何卒ご了承ください。
■チケットの半券に当日ご来場の方の氏名・連絡先(電話番号)を事前にご記入いただきご来場ください。これらの情報は必要に応じて保健所などの公的機関へ提供させて頂く場合がありますのでご理解ください。尚、一定期間(概ね1か月程度)保管したのち、適切に廃棄いたします。
■公演中も含めて館内ではマスクを着用いただき、咳エチケットにご協力ください。
■熱のある方(37.5℃以上)、体調のすぐれない方は来場をお控えください。
■入場時の検温・除菌消毒にご協力ください。体温の高い方には入場をお断りいたします。(チケット料金はお返しいたします。)
■入場時の検温をはじめ、退場時の段階的なご案内など、時間を要するご協力をお願いするため、当日は時間に余裕をもってご予定ください。
■会場内は空調設備に加え、必要に応じ各所扉の開放などの換気も行います。状況により施設内の温度が適温にならない場合も想定されますのでご了承ください。
■状況によりお客様の安全なご参加が難しいと判断した場合、直前の公演中止等の可能性があります。最新の状況はメニコンビジネスアシスト(MBA)イベント・クリエーション部のウェブサイト(ご覧のページ)でご確認ください。
・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

1回目★Version A お弥代:蘭乃
2回目 Version B お弥代:蘭乃
3回目★Version B お弥代:青木
4回目 Version A お弥代:蘭乃
★1・3回目の公演は、終演後にアフタートークがあります。詳細は追って本ページでご案内します。


[後援] 名古屋市教育委員会、公益財団法人名古屋市文化振興事業団
[制作] 株式会社カンパニーイースト/メニコンビジネスアシスト(MBA)イベント・クリエーション部
[主催] マミ・コーポレーション/日本新作ミュージカル制作委員会
出演者
  •  
  • 菅原浩史
    (A-B土方歳三)
  • 吉武大地
    (A-桂小五郎/B-薩摩浪人②)
  • 内田智一
    (A-薩摩浪人②/B-桂小五郎)
  • 志村糧一
    (A-近藤勇/B-薩摩浪人①)
  • 吉田知明
    (A-料亭の番頭/B-近藤勇)
  • 磯谷大樹
    (A-沖田総司/B-旗本)
  • 三木佑真
    (A-旗本/B-沖田総司)
  • 柿迫秀
    (A-伊藤博文/B-料亭の番頭)
  • 蘭乃はな
    (お弥代)
    1-2-4回目公演出演
  • 青木萌
    (お弥代)
    3回目公演出演
  • 勝又康介
    (A-薩摩浪人①/B-伊藤博文)
[舞台] ピクニック  [照明] ドットワークス  [音響] フォルクラング  [映像] プリズム  [衣裳] 稲垣絹代  [ヘアメイク] 中林希美子  [制作プロデューサー] 楠部享子  [協力] プリズムグループ
激動の幕末
士道に生き抜こうとする男と、彼を愛した女の物語
時は幕末。安政の大獄に続き、桜田門外の変が起こり、思想が入り乱れた改革の嵐が吹き荒れた。幕府か朝廷か、開国か攘夷か。
激動の幕末に、信義を貫き、日本を守るべく奔走した熱き志を持った男たちがいた。
「死を覚悟し、忠義を尽くす」
これは、時代に逆らい武士として生き抜こうとする男・新撰組副長 土方歳三と、彼を愛した女の物語。
ページトップへ
Copyright © 2016 Menicon, all rights reserved.