※この公演は終了しました。
[原作・作詞] あおい英斗
[演出] 日本舞踊家 西川流総師 西川右近
[総合プロデュース] 日本舞踊西川流四世家元 西川千雅
[作曲] なかむらたかし、山本雅士、宗川論理夫
[編曲・指揮] 宗川諭理夫
[演奏] 愛知室内オーケストラ「本能寺が燃える」Specialアンサンブル、ハープ 田中敦子
[制作] メニコンビジネスアシスト(MBA)イベント事業部
[特別協賛] 株式会社メニコン
[協賛] 東海東京証券株式会社
[後
出 演 者
乱世に舞うひとひらの愛「光秀よ、何故に本能寺を攻めた」
美濃の国。
〈マムシ〉と呼ばれた斎藤道三の娘・帰蝶と、道三に仕える明智光秀。
ふたりは互いに惹かれ合う想いを胸に、ひとよきの平穏を共にしている。
しかし、世は動乱の時代。
隣国・尾張の脅威に対し、道三は苦渋の決断を強いられる。
帰蝶と光秀は、乱世の荒波に翻弄されて
「本能寺の変」で主君・織田信長を討ち、世紀の逆臣となった明智光秀が、
真に守りたかったものとはなにか?
Copyright © 2016 Menicon, all rights reserved.